顔色を良くする化粧の仕方 食べ物では

顔色を良くする化粧方法は?

なんとなく顔色が悪いと感じたら、化粧の仕方を工夫してみましょう。
目覚めて顔色が悪いと、お出かけさえブルーに感じてしまうのが、女性の心というものです。ですが、リップやコントロールカラーなど、化粧の力で、ハッピーフェイスにチェンジさせることができます。

 

顔色が青白いと感じたら、血色のよい肌の色を演出することが必要です。
メイクの下地には、ピンク色を使いましょう。青白い顔の時は、下地をピンク系にするだけでも、肌の血行が良く見えて健康的です。塗るときには、少なめの量を心がけましょう。多めに肌に塗ると、色味がはっきりしすぎて、見た目が不自然になります。

 

ピンク系のメイク下地に、ファンデーションは、ピンクオークル系やオークル系がオススメです。

 

少量を顔の肌にのばします。重点的に塗るのは顔の中心です。もちろん、ほっぺには血行をよく見せる、チークをふんわりとのせます。

 

選びたいチークのカラーは、ローズ系やピンク色です。
リップの色は、ベージュ系は控えて、華やかさのあるピンク色を使うといいです。

 

いつも使っているカラーよりも、濃い色を選ぶと、顔色も明るく見せる効果があります。フレッシュな印象を出すためには、グロスも使うと良いです。

 

 

顔色を良くする食べ物は

顔色を良くするためには、食べ物を意識して、血色を良くしていくことも大切です。

 

顔色が悪い人は、全身の血液のめぐりの悪さも考えられます。
体に良い食べ物を積極的に食べるようにして、改善をしていきましょう。鉄分やタンパク質、ビタミンCなどの栄養成分を、日常的に摂取するといいです。

 

春の時期であれば、カツオやあさりなど、ビタミンB12やヘム鉄などを豊富に含んでいるので良いです。旬の野菜や果物で、たっぷりのビタミンCを摂取するなら、菜の花やキャベツ、いちごなども良いです。

 

夏になれば、ゴーヤなどはビタミンが豊富です。オレンジやメロンなどもいいでしょう。味覚の秋の時期になれば、鮭やイワシ、カツオなどの魚には、良質なたんぱく質やヘム鉄、ビタミン成分も豊富です。

 

秋の味覚である、柿やさつまいもにも、ビタミン成分はたっぷりです。

 

冬の時期になると、ビタミンB12や葉酸も豊富な、牡蠣なども良いです。小松菜やブロッコリー、みかんなども栄養素は高いです。

 

通年を通してでは、大豆食品や牛乳、卵やレバーもいいですし、ひじきなどの海藻類も良いです。
バランスよく食べ物から栄養成分を摂取していくことです。あわせて、体を温めるようにもしましょう。

 

 

 

TOPページへ